おまとめ&借換

おまとめローン、あるいは一本化という言葉を
どこかで耳にされた方も少なくないでしょう。
借換ローンと全く同一視されている方もいますが、
厳に区別するならば、
おまとめローン=借換ローンではありませんでした。
借換ローンというのは
元来住宅ローンで使われていた言葉でした。

A銀行の住宅ローンから
もっと金利の低いB銀行のローンへ乗り換える。
住宅ローンは少なく見積もっても
数千万円単位、非常に大口でしかも長期。
金利計算されたことがある方ならおわかりでしょうが、
完済するまでに支払い続ける金利負担は軽くありません。
1%の差が大きく響いてきます。
ほんのわずかな計算を厭わない人にとって、
借換は定番の人気ローンであり続けています。
つまり、そもそも債務は一本です。

一方、おまとめローンというのは
「借り換える」行為が含まれますから
借換ローンの一種には違いありません。
しかし、「まとめる」という言葉からわかるように
複数債務の存在が前提となっています。
多重債務と背中合わせの言葉なのです。

グレーゾーン金利問題が論じられる中で
このおまとめローンが問題視されました。
おまとめローンの何が問題なのか、
そこから透けて見える更なる問題は何なのか、
おまとめローンについて
徹底的に論じていきたいと思います。
admin :: comments (0) :: trackbacks (1)
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
ABOUT
OTHERS
  • Template by chocolat* BLOG
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • count : hits!